インスグラムの位置情報 活用とユーザー名とプロフィール欄の対策

Instagram

位置情報の活用

インスタグラムでのSEO対策として#ハッシュタグの重要性と最適化はとても大切です。

ハッシュタグとともに頻繫に使われるのが位置情報です。

 

投稿時に位置情報を添付する事によって、その位置を検索しているユーザーはもちろん

興味があってその位置情報を検索したユーザーによっても有効な手段といえます。

 

それは、

ハッシュタグを多用するインスタグラムでのSEO施策のみならず

検索エンジンを利用したユーザーからの一般流入にも効果的なため

 

位置情報がある投稿に関しては

・位置情報
・#ハッシュタグ

この2つはペアとして用いるのがインスタグラムSEO施策として活用しましょう。

 

投稿毎に多くのハッシュタグを使う投稿に少し戸惑うユーザーでも

位置情報であれば、そこまでの違和感を与えないようです。

 

ご自分の投稿が上位表示されるようにするには”位置情報”は習慣化することです。

ユーザー名・プロフィール欄の活用

個人アカウントでもユーザー名が分かり易く事はとてもいい事です。

 

まれに、

ユーザー名を頻繫に変更する方を目にしますが

フォロアーさんから「これ誰かしら?」となりかねませんし

ユーザー画像も変更すると益々相手にも混乱を生じさせる要因になりかねません。

 

当然のことながら、インスタグラム上のSEO施策としても検索エンジンとしても

あまり望ましい対策とは言えません。

 

インスタグラムでも14日間はユーザー名の変更は出来ないルールにもなっていますので

その点は注意しましょう。

 

また、

以前のユーザー名で#ハッシュタグを投稿していて

名称変更をすると、当然のことですが新しいユーザー名にたどり着くことはありません。

 

その点も合わせてSEO施策としてはマイナスですのでやめましょう。

 

次にプロフィール欄ですが

一番望ましいのは

・自己紹介文章(固定文)
・ハッシュタグ
・季節や時期で変えたい文章(変動分)

などにわけることをオススメします。

ただし、

インスグラムの紹介文は150文字です。
これは、大文字・小文字・特殊絵文字・半角・全角に関わらずです。

 

事前に準備をしておき

しっかりと段落も空けて見やすく読みやすく文字なども統一感を出す事を意識して下さい。

 

この自己紹介文の出来事で

その先にあるURLに訪問するかどうかが決まります。

 

パソコンでインスグラム投稿をしている方は、必ずスマートフォンやタブレット端末などで投稿のチェックは重要です。

インスグラムはスマートフォンを前提として個人メディアをお忘れなく

タイトルとURLをコピーしました